本文へスキップ

特定非営利活動法人ウェルフェアポート湘南 / 神奈川介助犬聴導犬協会では介助犬・聴導犬・セラピー犬の育成を行なっています。 【 神奈川県 第二種社会福祉事業 事業所 】

TEL/FAX  0467-38-5030
Mail : info@wp-shonan.org 


協会の仲間たちの紹介


いつも協会にいるワンコたち

○○○○○○○○イメージ

「チョコ」

スタンダードプードルとして当協会史上No.1の素晴らしい稟性の犬です。

孫犬のバニラちゃんが、来年度の実働を目指して訓練中です。


スタンダード・プードル 茶色 女の子



○○○○○○○○イメージ

「ロッテ」

現在「♪可愛い〜七つの子がいるから〜よ♪」状態です




ラブラドール・レトリバー 黄色 女の子



○○○○○○○○イメージ

「バンビ」

聴導犬の引退犬です。
ユーザーさんの家庭の事情で比較的若くして引退したので、
現在はイベントなどでのデモンストレーションで活躍しています。

日本テリア 女の子



○○○○○○○○イメージ

「みぽち」

豆柴ですか?ってよく聞かれます。

普通の柴です(キッパリと)

柴犬 赤 女の子



○○○○○○○○イメージ

「姫」

聴導犬のデモンストレーション担当


普段は「ぶしゅこ」と呼ばれています。」

狆 女の子



○○○○○○○○イメージ

「ぴな」


スタッフのお宅で愛犬生活を送りながら、
触れ合いや聴導犬デモなどの応援にも活躍中です。


狆 女の子



○○○○○○○○イメージ

ソックスちゃん

介助犬や聴導犬が街中で偶然で会う猫を追いかけたりしないように、
普段から一緒に生活することで慣らすことを目的に、協会で飼育している
猫ちゃんの一人です。

日本猫 


協会から巣立ったワンコたち


○○○○○○○○イメージ介助犬 東城レオ 







日本パートナードッグ協会



○○○○○○○○イメージ

介助犬 永松バッハ 


スタンダードプードルとして日本初の介助犬となったバッハ君。
当協会で産れ育成訓練した後に日本サポートドッグ協会によって
合同訓練を受け、ユーザーさんの元へ行きました。

後継犬は同じくスタンダードプードルの女の子、グレースちゃんです。

日本サポートドッグ協会



○○○○○○○○イメージ

介助犬 山本ポート 







日本サポートドッグ協会



○○○○○○○○イメージ

介助犬 植田カンナ







日本サポートドッグ協会



○○○○○○○○イメージ

介助犬 池田サラ





日本サポートドッグ協会


○○○○○○○○イメージ


介助犬 三上ジルバ






ウェルフェアポート湘南

○○○○○○○○イメージ


介助犬 中井大和






ウェルフェアポート湘南

○○○○○○○○イメージ


聴導犬 馬場ビクター





ウェルフェアポート湘南



○○○○○○○○イメージ


介助犬 植田サマンサ





日本サポートドッグ協会




○○○○○○○○イメージ

介助犬 仲メモリー 




日本サポートドッグ協会











施設長紹介



○○○○○○○○イメージ

出海宏平(いずみこうへい)

1977年、犬訓練所入所。多くのテレビドラマや映画の出演犬の訓練を手がけ、
1991年にいずみ愛犬訓練学校を開設し、主に家庭犬のしつけや訓練に携わる。
2000年より日本パートナードッグ協会の依頼を受け、介助犬育成に取り組む。




バナースペース


特定非営利活動法人
ウェルフェアポート湘南


神奈川介助犬聴導犬協会


〒253-0008
茅ケ崎市芹沢876−4

TEL 0467-38-5030
FAX 0467-38-5030